旧シャークヘッドの復刻版です


by shark-head

051009三十年戦争VS春日氏~その3

c0211195_0324569.jpg 第12ターン。最後はピッコロミニを西から呼び戻してグスタフ戦死。スウェーデンがぼろぼろになったところにティリーが突入してベルンハルトも討ち死に。気づくと盤上には戦闘ユニットはほとんどなく、荒廃したドイツの大地が広がっているという三十年戦争らしい?風景に。略奪マーカーも足りなくなり、Siegeマーカーで代用してます。


c0211195_0333387.jpg 最終の第14ターン。正に「無人の荒野」をティリーが進軍。プロテスタントは不運にも「1」カードばかりを引いてしまい何も動かせず、カトリックの進軍を眺めるだけ・・・なのも癪でフリームーブでスペイン領オランダの占領を狙いますが、やはり無理でした。最後はトリエルでスペインの攻城戦が成功。全選帝侯独占でカトリックがぎりぎりVP30を獲得してぎりぎり勝利。第13ターンには9VPまで下がっていたことを考えると、プロテスタントも十分勝機はあったような。最後の2ターンのプロテスタントのカードがひどすぎたようで。やはり実力が拮抗すると引き分けになることが多いゲームだと思われます。


c0211195_0341849.jpg ゲーム終了時の荒廃しきったドイツ中央部。戦闘ユニットはほとんど見当たらない。茶色の2が略奪2レベルマーカー。

 感想:プロテスタントは序盤が難しいですねえ。カトリックは序盤である程度VPを溜め込んで、プロテスタントの巻き返しに備えることになるでしょう。使い捨てカードが少ない(あるいは我々が使わなさすぎた?)ためか、パスグロやBtoBよりカードの回転が遅い気が。二回り目を待っていると全然来ない感じです。今回もカトリックはオランダ戦争はカードを何も出せないうちに終わってしまいました。そんならスピノラを返さなきゃ良かったかなあ。ダイナミックリーダーが戦死した瞬間にがらっと戦況が変わるのが面白いですね。戦闘より荒廃でユニットが磨り減っていくのもこの時代の雰囲気が出ています。
[PR]
by shark-head | 2005-10-11 00:02 | Thirty Years War