旧シャークヘッドの復刻版です


by shark-head

シンガポール陥落「ビーフカレー作戦」~その1

 みなさんはカレーライスを食べたとき、ルーの「ペース配分」を誤って、ライスだけが余ってしまったことはありませんか?コマンド新作の「シンガポール陥落」の英軍の防御作戦はこの感覚。上手にルーを配分してきちんとライスを平らげなければいけません。

 は?全然分からない?順番に説明していきます。カレーライスの中身は、

 インド兵・・・さらさらしたインド風カレーのルー
 オーストラリア兵・・・安心のオージービーフ
 イギリス兵・・・ちょっと不安な英国産ビーフ(笑)
 日本兵・・・ジャポニカ・ライス

 です。イギリス兵はジャングルにZOCが及ばない分オーストラリアに劣ります。

 両軍の総ステップ数は日本軍198に対し、英軍81(たぶん)。このゲームのCRTは損害1/1が多いですが、同じ量の損害を食らっていては、英軍の負けは確実。そうならないために英軍は何ができるか。「ルーのおかわり」は第6ターンまで来ません。

 まずは「陣地」。1ターンじっとしていればステップが増えます。これは「ルーの水増し」ですね。地形効果という「器」を活用してオッズを下げるのは当然。

 日本軍は強行軍でステップが減ります。日本軍は8ターンの間に「早食い」しないといけないのですが、急いで食べるとライスが飛び散って量が減るわけです。

 途中でルーがなくなってライスだけになったら、英軍はその時点で敗北。日本軍はステップを多少無駄にしても前進しなくてはなりません。

 減ったライスはVPになります。ゲーム終了時に、ルーが余っているとVPになります。分かりますね。英軍はあの手この手でルーを伸ばして(あるいはライスを減らして)、ライスに均等にかけ続ける必要があります。

c0211195_229545.jpg
 ゲーム開始時の日本軍の戦力は圧倒的。インド兵がフルスタック6戦力でいても、20戦力の歩兵が2個で攻撃したら4:1(+2)が立ちます(写真右は例。実際の配置とは違います)。


c0211195_2301052.jpg
 英軍は戦闘結果1/4で「4」の損害を食らったら3ステップ飛ばして1ヘクス後退。19戦力になった日本軍が戦闘後前進し、D状態の残り3ステップを強行軍フェイズで4:1(+2)で攻撃。


c0211195_230233.jpg
 また英軍が損害「4」を受けたら壊滅。日本軍は強行軍で1ステップ失いますが、混乱状態のユニットを攻撃しているので損害-1でゼロ。つまり、日本軍は少し運がよければ、2ステップのロスで英軍の6ステップを飛ばせます。もちろん、こんな調子で守っていては英軍必敗です。
[PR]
by shark-head | 2007-10-26 00:01 | シンガポール陥落