旧シャークヘッドの復刻版です


by shark-head

シンガポール陥落「ビーフカレー作戦」~その3

 地形抜きで部隊のローテーションのイメージを見ていきましょう。正面が狭い戦線では基本的にこの通りでしょうし、広くてもこのラインが2本ないし3本になるだけです。

c0211195_237516.jpg
 まず、第1線にインド兵で第2線にオーストラリア兵。オーストラリア兵は鉄道移動で持って来れます。日本軍が一撃で第一線を撃破。損害マーカーは省略。


c0211195_2383081.jpg
 日本軍は1ユニットが戦闘後前進。強行軍フェイズに入ります。日本軍の歩兵は戦闘か移動のどちらかしか行えないので、1ヘクス離れた第2線は攻撃できません。行けるのは機械化スタックのみ。しかし、1:1で勝負するのは少し躊躇します。

 突っ込まなければ英軍がインド兵を第1線に運んできて、第2線を下げます。カレー+ビーフのローテーション。


c0211195_2384783.jpg
 では日本軍が強行軍フェイズで突っ込んできて損害1/1になったらどうなるか。英軍はスタックを下げて損害吸収。D状態になります。日本軍は1ステップロス。
[PR]
by shark-head | 2007-10-26 00:03 | シンガポール陥落